カテゴリ:街・地域( 29 )
猫返し神社
2016年 05月 01日
今年のGWは帰省せず、東京でのんびりと過ごしております。
(先日、体調を崩して内臓から出血してしまったので、療養中ともいえますが)

さて、東京立川にある阿豆佐味天神社
「猫返し神社」としても名高い、この神社。

今年の2月に、我が家のぶっちゃんが失踪した際に、妻がネットで探してきまして、
2人で、ぶっちゃんが無事に戻ってくるようにとお参りしてきました。

境内には、「愛猫が無事に帰ってくるように」「愛猫が元気で過ごせますように」
と、多くの方々が絵馬を奉納されています。

所々に設置されている猫像もまた愛嬌ある感じで、なかなか良いです。

a0057820_12215322.jpg

a0057820_1222462.jpg


神様のご加護をもちまして、ぶっちゃんは奇跡的に保護することができ、
現在も我が家で、ぶんぶん俺様顔で元気に過ごしております。

もう9歳になるのだから、少しおとなになってくれても良いのに、と思うのですが。。。
by birdhead_2000 | 2016-05-01 12:23 | 街・地域 | Trackback | Comments(4)
日本橋 桜風街道
2016年 03月 15日
コレド室町 日本桜風街道

3月18日からのイベントの準備中でしたが、
桜色の布が風に舞って、なかなか風情がありました。

a0057820_1802597.jpg


本番はライトアップ等あり、かなり華やかな感じのようですが、
準備中の状態の方が、なんとなくさわやかな感じがするような気も(笑)

昔、一世を風靡した鈴木英人さんの画が、こういう布が舞っているような感じで、
絵の中に風を描く手法を取られていたなぁと。

a0057820_1842040.jpg
by birdhead_2000 | 2016-03-15 17:51 | 街・地域 | Trackback | Comments(2)
筑波夕照とさくら
2016年 01月 29日
最近、仕事でよく筑波方面に出かけております。

先日、つくばエクスプレスの守谷駅で乗り換え待ちをした時に、
駅構内で、滝平二郎さんの「筑波夕照とさくら」のステンドグラスを見かけました。

ちょうど朝日が差し込む時間で、駅構内を鮮やかに照らしていて、
しばらく惹きこまれてしまいました。

a0057820_22194735.jpg


滝平二郎さんの作品は、子供の頃に読んだ「もちもちの木」の表紙・挿絵がとても怖かったのと、
懐かしい日本の原風景を感じさせる作風が相まって、強く印象に残っています。

こうしてステンドグラスで見ると、滝平さんの作風はステンドグラスに向いているな~と思いました。

a0057820_22221484.jpg
by birdhead_2000 | 2016-01-29 22:22 | 街・地域 | Trackback | Comments(2)
新宿の右目
2015年 01月 25日
その昔、新宿に勤務していた頃、毎朝これを眺めながら通勤していました。

新宿の目
a0057820_2017285.jpg

新宿駅西口の地下ロータリーの右側、スバルビルの地下にあります。
新宿西口の待ち合わせ場所としても大変有名です。
宮下芳子さんという芸術家の1969年の作品です。
このデザイン、よく見ると「右目」なのですが、当時は新宿の左目と言われるダンボールアートもありました。
当時の新宿駅西口地下は、ホームレスの方々のダンボール村があり、
それらの強制撤去が行われた際も、このダンボールアートは生き延びたのですが、
その後の火災で姿を消すこととなりました。
by birdhead_2000 | 2015-01-25 20:28 | 街・地域 | Trackback | Comments(2)
ここにも、そこにも、トラのもん
2014年 06月 11日
今日、虎ノ門ヒルズが開業しました。
オープニングセレモニーには、安部首相と舛添知事も出席したようです。

今勤めている会社のオフィスのすぐ近くなので、ちょろっと覗いてきました。

店舗フロアは、六本木ヒルズと比べると天井も高く広々とした印象。
お店もそんなにすごくぎっしりと入っているという感じではなくて、何となく余裕のある感じです。

何より印象的なのは、色々なところに潜んでいる「トラのもん」。
虎ノ門ヒルズのキャラクターです。

a0057820_21121350.jpg

これが結構、愛嬌があって、本家本元のドラえもんよりも可愛い感じです。

トラのもんグッズは置いてないかな~と探してみましたが、残念ながら売ってませんでした。
そのうち、どこかで販売されるのかな?
by birdhead_2000 | 2014-06-11 21:14 | 街・地域 | Trackback | Comments(6)
さよなら国立競技場
2014年 06月 02日
5月31日で現在の国立競技場が閉鎖されました。
以前はすぐ近くに住んでいて、いつも眺めていましたので、少し感慨深いものがありました。

で、実はその日は会社に出ておりまして、国立競技場には行けなかったのですが、
オフィスの窓から、ブルーインパルスが上空を飛ぶのが見えました。

セレモニーの一環で、入間の基地から都心まで飛んできて、
国立競技場の上空近辺にひこうき雲を描いて戻って行きました。

iPhoneしか手元になかったので、写りは今ひとつですが。

a0057820_8374164.jpg

昔の家に住んでいたら、まさに自宅の上空を飛んでいったんでしょうかね。
爆音がうるさそうな気も。。。(笑)
by birdhead_2000 | 2014-06-02 08:37 | 街・地域 | Trackback | Comments(4)
東京スカイツリー
2014年 04月 12日
今年に入って環境が大きく変わり、言い訳をすれば山ほどあるわけですが、
とりあえず3ヶ月ぶりの更新です。 m(_ _)m

これからは、あまり気合を入れすぎず、
適当に日々の写真をUPしたりするのも良いかな、と思いつつ。

いきなりですが、東京スカイツリー。

以前の職場では、会社の窓から毎日見かけていたのですが、なかなか出かける機会はなく。

ようやく出かけてみると、結構色々なお店が入っていますね。
でも上の方のフロアに行くのは、まだまだ並ばねばならず、
長時間並ぶのも面倒なので、外で記念写真を撮って帰ってきました(苦笑)

a0057820_2202315.jpg
なんだか樹の枝が邪魔ですね。。。
by birdhead_2000 | 2014-04-12 11:47 | 街・地域 | Trackback | Comments(4)
花子と太郎
2013年 06月 11日
またもやブログをご無沙汰しております。
2ヶ月ぶりの更新にもかかわらず、相変わらずの猫記事です。

最近、仕事で品川区の大井町に通っており、
あまり時間的に余裕もないので、街を散策することもないのですが、
ふとしたことでこんな像を見かけました。

a0057820_2233438.jpg


花子と太郎:
大井町に住んでいた詩人の荻原朔太郎さんにちなんで、昭和48年に建てられた像とのこと。
尻尾が長くて、しゅっとした体型は我が家のジョニーとみぃちゃんによく似ています。
(我が家の子達はメタボですが。。。)

忠犬ハチ公みたいな物語があるのかな?と思ったら、どうやらそうではない模様。
荻原朔太郎さんの詩集「青猫」にちなんでいるらしいので、同詩集に出てくる猫達なのですかね?
(この詩集は読んだことがないので、よく分からず。。。)

そういえば我が家のジョニーとぶっちゃんは、毎晩、私の帰りをお迎えしてくれます。
特にジョニーは家の庭でばったり会っても、大急ぎで走り去ってしまい、何だろう?と思っていると。。。
わざわざ猛ダッシュで裏庭にまわり、裏口から家に飛び込むと、玄関まで走って出てきて、
家の中から「おかえりなさい」と言ってくれます。
ちょっと忠犬ハチ公みたいですかね?
by birdhead_2000 | 2013-06-11 22:36 | 街・地域 | Trackback | Comments(7)
東京駅夜景
2012年 12月 06日
東京駅のライトアップ。(コンパクトカメラなので、今ひとつですが。。。)

a0057820_1735967.jpg

a0057820_174921.jpg

丸の内仲通りのライトアップ。
以前は「ルミナリエ ミレナリオ←ややこしい(苦笑)」をやってましたが、今年はやらないのかな?
と思っていたら、「丸の内イルミネーション2012」という名前でライトアップするみたいですね。

a0057820_1742524.jpg

しかも、今年はどうやら皇居のライトアップもやるらしい。
宮内庁が検討されているとのこと。

うーん。。。なんだかどこもかしこもライトアップされてしまうと、
かえって新鮮味が薄れる気も(苦笑)
by birdhead_2000 | 2012-12-06 00:56 | 街・地域 | Trackback | Comments(6)
三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller
2012年 11月 24日
さて、我が家から東八道路沿いに国際基督教大学方面に向かってしばらく進むと、
こんな建物があります。

a0057820_17565323.jpg


その名も「三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller

この外観からしていったい何???と思っていたのですが、
芸術家の荒川修作氏とそのパートナーであるマドリン・ギンズさんが作成された芸術作品であり、
実際に居住可能な住宅でした。

時折、見学会が催されているようで、本日はたまたまタイミング良く、参加することが出来ました。

a0057820_2353129.jpg


詳細はぜひ上のリンク先の説明を読んでいただきたいのですが、
訪問してみての感想は、滞在時間とともに印象が変わっていく、面白いものでした。
(部屋の中の造りは、上記リンク先の写真をご参照ください)

 最初は、なんだろう?妙にカラフルで、いわゆる前衛アート?という興味本位
 しばらく居ると、ちょっと圧迫を感じる?過ごしにくい?という違和感
 もうしばらく居ると、なんだか意外にいいじゃないか、結構心地よいな、という落ち着き

という感じで、時間とともにだんだんと感じ方が変わってきます。
もし、賃貸物件を内覧するように10分程度で見学をしたら、住みたいとは感じないかもしれませんね。

通常の賃貸契約だけでなく、1週間のショートステイも受け付けているようなので、
まずはお試しで1週間住んでみるのも良いかも?
by birdhead_2000 | 2012-11-24 18:36 | 街・地域 | Trackback | Comments(4)

2005年11月開始、ほぼ月刊ながら細々と
by birdhead_2000
本ブログのテーマ
日常の雑談主体ですm(_ _)m
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
最新の記事
ぶちをさん、ハクビシンに負け..
at 2017-09-24 14:30
トラ猫はワルい
at 2017-07-11 15:49
平和な毎日に感謝
at 2017-07-03 21:49
原付きを買いました
at 2017-03-26 11:28
トラ猫は賢い?
at 2017-03-13 18:05
最新のコメント
最新のトラックバック
あの日
from 流れゆくままに
私はニコン党だ!...の..
from 流れゆくままに
マイケル・ジャクソン T..
from 流れゆくままに
Jammil e Uma..
from ★Hippie Chap..
RX-78
from 流れゆくままに
Skypeボタン
ブログパーツ
猫三昧