カテゴリ:ビジネス・社会( 58 )
読み終わりました
2011年 11月 15日
スティーブ・ジョブズ 上下2巻組。
電子書籍で購入し、iPad(時々 iPhone)で読み終わりました。

a0057820_135439.jpg
内容に触れる感想をブログ等で述べるのはあまりよろしくないかもしれませんが、ほんの少しだけ。

企業のリーダーに関する本にありがちな、
「◯◯社長、バンザイ!最高!!」的な礼賛本でなかったのは、個人的に嬉しかったです。
(正直そういう本にお金と時間を使わされると腹立たしい気持ちになりますので)

著者は、スティーブ・ジョブズの人間性の嫌な面を避けること無く、率直に記述しています。
また彼を取り巻く多くの人達、彼が産み出したもの、についても可能な限り客観的な記述をしており、
それによってスティーブ・ジョブズという人間と彼の駆け抜けていった時間を「正しく」捉えよう
としたのだろうなと思いました。

なので(?)まぁ正直なところ、
読んでいてあまり良い気分ではないところもありました。。。(特に上巻は)

ただスティーブのビジネスに対する姿勢については、かなり共感できる部分が多かったですね~。
(特に、お金を得ることをビジネスの最終目的にする人達との違い、といった部分)

ちなみに、いわゆるビジネス本とか「彼に学べ!」的な本でもなく、
まさに「伝記」という言葉がしっくりくる内容かなと思います。

個人的にはかなりオススメできる本ですが、お値段は少々高いかな(苦笑)

次は英語で読んでみようと思います。
(英語で直接読んだほうが、著者が言いたいことがよくわかる場合もありますので)
by birdhead_2000 | 2011-11-15 00:08 | ビジネス・社会 | Trackback | Comments(2)
オリンパス事件はとってもきな臭い気が
2011年 10月 24日
オリンパスのカメラ、結構好きなんだけどなぁ。。。
昔のOMシリーズとか、Penも良かったし、今のデジタルのPenシリーズもなかなか。
なのに。。。一体何が起こっているのやら???

4年前の買収:
・英国の医療機器メーカーを2000億円で買収(売上高500億程度)。
・買収のアドバイザリー報酬として、2社に700億円を支払う。

 【おかしな点】
  ・買収額に対して報酬が多すぎるような?
  ・報酬支払先の会社が2社ともかなり怪しげ?(1社は休眠会社、もう1社は報酬受取り後に消滅らしい)
   → (日本法人) http://www.axesjapan.com/
      日本の最大手N証券出身の佐川肇、中川昭夫の両氏が代表を務めるAXES、AXAM   

3年前の買収:
・3社で売上高合計17億円程度の会社を合計734億円で買収。

 【おかしな点】
  ・売上高がこの程度の会社に対して買収額が多すぎるような?
  ・しかもすごい新技術とか持ってるわけでも無さそうな?
  ・さらに、買収した3社とも同一住所らしい?

これらが事実なら、この2つの買収案件はどう考えても不正がありそうに思えてならない。(正直なところ)

当然のごとく、この2つの買収っておかしいんでないの?と調査した外国人社長マイケル・ウッドフォード氏。
調査結果を会長らにつきつけて「絶対おかしいだろ、これ!」と指摘したところ、即解任される。
で、「最近、身の安全に不安を感じるから助けてくれ」と警察に駆け込む。

ちなみにオリンパス担当の新日本有限責任監査法人は「これらの買収は適正だった」とのこと。

ほんまかいな???

日本以外ではかなり大きく取り上げられて問題になってるし。
オリンパス大丈夫かな?
あと新日本監査法人もやばそうな?(友人や昔の同僚も結構いるんだけど。。。)
by birdhead_2000 | 2011-10-24 06:14 | ビジネス・社会 | Trackback | Comments(4)
四国地方の自衛隊
2011年 04月 14日
頑張ってます。
本来のお仕事や災害救助活動など多方面での活躍はもちろんのこと。

でも最近頑張ってるなぁと思うのは広報のお仕事???

例えば(続き)、
by birdhead_2000 | 2011-04-14 08:58 | ビジネス・社会 | Trackback | Comments(2)
地方回帰
2011年 03月 28日
今回の地震や原発の影響で、東京への政経一極集中はどうなるのか?

首都圏に在住の地方出身者の地元回帰志向が高まり、人口の分散化が進むか?

それに伴い、これまで何でもかんでも首都圏を中心に進めてきた
政治や経済における首都圏偏重の意思決定について、地方への分散化が進むか?
(これはここ最近少し見られていた傾向なので、それに拍車がかかるか?)


私のように四国出身、関西あたりに地縁のある人間にとっては、
地方への分散化は良いことじゃないか、なんて思えたり。

現在、出身高校の同窓会運営に携わっているのですが、
同じ地元出身の友人たちと話をしていると、なんか気持ち的にも回帰志向が高まるような気がします。


今回、大きなダメージを受けた東北、北関東の方々。
大きな混乱を起こさないように耐え、力強く復興に取り組まれているのを見ると頭が下がります。
(関係ない自分自身ですら、テレビを見てると心に影響を受けてしまうのに、と思いつつ。)

正直な話、もしこの被害が東京で起こっていたらどうだったんだろう?と。
海外から賞賛されたような「日本人の資質」は、この東京において発揮されるのだろうか?

そもそも人と人のつながりが希薄な大都市においては、いったん統制が壊れると。。。
統制の無い状態で、人々のもってる助け合いの心は機能するのだろうか?

東京という大都市では震災の直接被害もさることながら、その後の人心荒廃の方にも強く不安を感じます。
(私が地方出身者ゆえの心配なのかもしれませんが)

これまでの首都圏中心の物の考え方が、
日本全体で物を考える方向に転換されると良いな、と思ったりしています。
by birdhead_2000 | 2011-03-28 08:50 | ビジネス・社会 | Trackback | Comments(6)
ふくしまの影響
2011年 03月 28日
とりあえず、未だ続く原発リスク。
根拠ある不安、根拠なき不安、様々な面でいろいろ影響が出てきています。

自分自身の生活面などの不安はおいといて、海外に目を向けると、
 「外国人が日本に対して感じている不安」
に直面します。
(私の周囲では、実際に結構あるんだよな、という話です。。。)

これまでは、私の勤務する会社や友人の勤める企業などでの海外出張においては、
日本のお菓子や食べ物などはお土産として喜ばれていたのですが、
現時点では、まず受け入れてもらえず、ちょっと悲しい状況。 (T_T)
(お土産は、食べ物以外の小物類などに変更。。。それでも嫌がる人もいるかな。。。)

日本への出張は嫌だ!と主張される外国人も多いし、安全圏に逃げ出した外国人も多いです。
(「やっぱ行くのやめるわ」とか、「君たちは頑張れ」と言い残して人知れず帰国してる奴とか)


 「日本の規制値は海外よりも厳しいから今のところは安全なんだよ」
とか、実際はそうであっても、それとは関係なく。。。
----------------------------------------------------------------------------------
すみません、本当にそうなのかは、私には分かりませんが、
昨日、国立がんセンターの友人と話していると、
東京都について、現在発表されている数値が本当であれば
 ・全く心配する数値には当たらない
 ・放射線技師やパイロットが毎日浴びている放射線と比べると全然低い数値
ということですが、
 ・そもそも政府発表は正しいのか?
 ・状況がさらに悪化するリスクは?
については。。。なんとも言えないところですね。
----------------------------------------------------------------------------------

海外での不安は、かなりヒステリックなレベルに達していて、まさに「風評被害」です。
(海外のマスコミの報道も、ネットで見る限り、かなり酷いものも多く、無用な不安を煽っているようです)

日本はミシュランの星をとったお店も多く、
美味しい食事、美しい自然、多様な文化、安全な都市、
海外からはソフト面でも高い評価を得ていて、
これからまさにジャパンブランドで打って出ようとしていた矢先。

しばらくは、対外的な観光誘致、食品輸出の面での影響でるんだろうな。。。

エネルギー政策も転換するのかな~。
アメリカが真面目にエコに取り組むとは思えないんだけど。
(一部のセレブの趣味レベルのエコはおいといて)
by birdhead_2000 | 2011-03-28 08:18 | ビジネス・社会 | Trackback | Comments(2)
野外炊具1号
2011年 03月 21日
陸上自衛隊、すごいな。。。

今回の震災で、自衛隊、ハイパーレスキュー、
その他現場で多くの人々の命と安全のために働く方々がクローズアップされています。

こういった職業に憧れる子供たちが増えるかもしれませんね。

少なくとも、私のいた金融業界やコンサル業界に憧れる子供が多いよりは、
その方が人間として健全な方向じゃないか???なんて思ったり。


by birdhead_2000 | 2011-03-21 15:06 | ビジネス・社会 | Trackback | Comments(2)
地震の影響は続く
2011年 03月 14日
家の近くを歩いている限りでは、地震なんてあったっけ?というくらい普通の日常です。

が、コンビニやスーパーを覗くと、食料品は全く補充されておらず、照明も落とされて薄暗い店内。
駅に行くと、停電のため電車がストップしてシャッターが降りています。
(私の住んでいる渋谷区は計画停電の対象外地区のようですが、企業は節電に配慮しているのでしょう)

a0057820_21442751.jpg

地下鉄の駅に行くと、悪意に満ち満ちたような見出しが目につきます。
まぁゲンダイとか東スポは元々あまり品性のよろしくないタブロイド紙なので、
「いつものこと」とも言えますが、こういう時に見ると余り気分のよいものではないです。

刺激的な見出しをつければ売れるとでも思ってるのか?と毒づいたり、
作っている人も食っていくためには仕方ないのかと思ったり、
でも自分はそういう仕事はしたくないなと思ったり。

a0057820_2365987.jpg

家に帰ってテレビをつけると、延々と繰り返される被災地の惨状。
情報としての大切さや必要性は理解しており、放映するな、ということでは全く無く、
ただ、これだけ見せ続けられると、健康な人でも気持がだんだんと打ちのめされてくるような気がします。
(私の周囲でもそういう声が多く)

大して被害を被っていない自分ですらこうなんだから、被災地の人達はほんとうに大変だろうな、と。

被災地の人のために、何か自分にできることを探してみるかな。
by birdhead_2000 | 2011-03-14 21:45 | ビジネス・社会 | Trackback | Comments(2)
クレーマーと家電量販店
2010年 06月 08日
最近、友人が新しいパソコンを買うというので、それにつきあって家電量販店に出かけました。

パソコンそのものは既にある程度目星を付けていたようなのですんなりと決まり、
併せて今まで利用していたプロバイダーから新規プロバイダーへの変更の手続を申込みました。

今って、プロバイダー同時加入で大幅な割引をしてくれるところが多いんですよね。
(2万円位から、多いところだと4万円超とか)
なので、この割引を利用する方は結構大勢いらっしゃるようです。

が、我々にとってはそこからが問題の始まりで。。。

More
by birdhead_2000 | 2010-06-08 12:19 | ビジネス・社会 | Trackback | Comments(6)
「空気を読む」ことと「マナーを守ること」
2010年 05月 24日
先日、某在京キー局の番組を見ていたところ(録画ですが)、
「人が通る通路で足を投げ出して座ったりしない」ことを、「場の空気を読む」こと
と言っている芸能人の方がいらっしゃいました。

私はそれを聞いた瞬間、
「それって空気を読めってことじゃなくて、基本的なマナーを守れってことだろ?」
と思わず突っ込んでしまったのですが。。。

私は、 空気を読む ⇒ 皆が求めること、皆の考えを理解すること
であると思っているのですが、それって違うんでしょうかね?

皆が求めること、皆の考え ⇒ 場のルール ⇒ マナーとはルールを守ること
という(無理やり感のある)論理を展開すると、芸能人の方の用法も理解できなくはないのですが、
やっぱりちょっと無理があるかな~??

まぁ、色々なところで使われている「空気を読む」という言葉。
結構、用法に違和感があることが多いんですよね。
本来の意味とは違う何かを指しているような。。。


ちなみに私の基本姿勢は多くの場合において「KYM」です。
なんの略かといいますと、 K(空気は)Y(読むけど)M(無視をする) ということ。
自分で勝手にそう呼んでいます(笑)
by birdhead_2000 | 2010-05-24 08:02 | ビジネス・社会 | Trackback | Comments(10)
味千ラーメンと失われた20年
2010年 04月 22日
熊本ラーメンの「味千」。
昔、京都に住んでいた頃、結構好きなラーメン屋さんでした。
(住んでいた場所から比較的近いところにお店があったのです)

うどん文化の高松から京都に出てきて、生まれて初めて美味しいラーメン屋さんに入った、
そんな記憶の中にあるお店です。

先日、テレビでこの「味千ラーメン」の中国での展開が取り上げられているのを見ました。
地元の嗜好にあわせて現地化を進め、中国では大規模展開している模様。

しかも中国だけでなく全世界にフランチャイズのチェーン展開を進めているとのこと。

若かりし頃、なんとなく好きで食べていたあのお店が、今やそんなに事業拡大している。。。


かつて1990年代を「失われた10年」と呼んでいましたが、
今では1990年代から2000年代を通して「失われた20年」と呼ぶこともあるようです。

この20年、自分にとっては失われた20年であったのか?
20年という時間の長さと、自分がその20年の中で一体何をやってきたのだろう?
なんてことをしみじみと考えさせられました。
by birdhead_2000 | 2010-04-22 23:12 | ビジネス・社会 | Trackback | Comments(10)

2005年11月開始、ほぼ月刊ながら細々と
by birdhead_2000
本ブログのテーマ
日常の雑談主体ですm(_ _)m
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
最新の記事
トラ猫はワルい
at 2017-07-11 15:49
平和な毎日に感謝
at 2017-07-03 21:49
原付きを買いました
at 2017-03-26 11:28
トラ猫は賢い?
at 2017-03-13 18:05
今年も一年お世話になりました
at 2016-12-30 18:43
最新のコメント
最新のトラックバック
あの日
from 流れゆくままに
私はニコン党だ!...の..
from 流れゆくままに
マイケル・ジャクソン T..
from 流れゆくままに
Jammil e Uma..
from ★Hippie Chap..
RX-78
from 流れゆくままに
Skypeボタン
ブログパーツ
猫三昧